合同会社PLUCKの企業理念は3つあります。

・「持たずにシェア」で豊かな暮らしをつくる
・雇われずに生計を立てる人を増やす
・「生きていける感」のある人を増やす

です。

「持たずにシェア」で豊かな暮らしをつくる

トマ・ピケティの著書「21世紀の資本」では、
富は集積し、富める者はますます富み、
貧しき者はますます貧しくなると指摘しています。

一握りのお金持ちを除き、多くの人が貧しくなる未来は、
ここ日本にも訪れつつあります。

でも、家やモノ、スキルや知恵などをシェアしあうことで、
貨幣をそれほど介さずとも豊かに暮らせるのではないか。
そう考えています。

合同会社PLUCKは、様々なシェアリングサービスを提供することで、
持ち寄り分かち合いながら心身ともに豊かに暮らす、
そんな未来をつくることに挑戦します。

雇われずに生計を立てる人を増やす

「田舎には仕事がない」と言われますが、これは間違いです。

魅力的な仕事が少ないのです。

魅力的な仕事が与えられないのであれば、自らつくればいい。

雇われずに生計を立てられる人が増えれば、田舎は可能性に満ちた場所として再認識されるでしょう。

合同会社PLUCKは、「複業」「小商い」「身の丈起業」をキーワードに、
万人が自らビジネスをつくり、生き生きと働き暮らす、そんな世界をつくります。

 

「生きていける気がする人」を増やす

変化が激しく、先行きが不確実な現代。
「将来自分はどうなるんだろう」
「生きていけるんだろうか」と、
不安を感じることはないでしょうか。

そんな不安は、僕らを縮こまらせます。
やりたくもない仕事をやり続けたり、
本来その人の持つ良さが発揮できなかったり、
思い切った挑戦ができなかったり、
精神的にふさぎ込んでしまう方もいるでしょう。

でも、「まあ、なんだかんだで、
僕は/私は生きていける気がする」と思えるのであれば。

仮にちょっとつまづいてしまったとしても、
そんなに辛くなくやり直しがきくのであれば。

そしてだれかがつまづいたときに、
手を差し伸べてくれる友達や仲間がいれば。

暗闇の中でも一歩踏み出すことができるかもしれません。

そうすれば、変化の激しく先行きの見えない現代でも、
もっと人が生きやすく、人の良さが活きやすい
世界になるのではないか、そう思うのです。

そんな「生きていける感」のある人を
増やすための事業を展開していきます。

詳細はこちらもご覧ください。

ちょっと長い企業理念紹介~なぜ「生きていける気がする人を増やす」なのか~|合同会社PLUCK|note